煮干しのおはなし

日一日と春めいてきていますが、
花粉が気になる季節です。
対策をして何とか乗りきりたいですね。

2月14日はバレンタインデーですが、
煮干しの日でもあります。
に(2)ぼ(1=棒)し(4)の語呂合わせから制定されたそうです。

煮干しは小魚を塩水で煮て乾燥させたものです。
カタクチイワシが最も多く流通していますが、
マイワシ、サバ、トビウオ等の煮干しもあります。

地域によってじゃこ、いりこ等とも呼びます。
水出し、煮出し等の方法で出汁をとったり、
和え物やお茶うけとしていただいたりもします。

カルシウムが豊富で、和食に欠かせないですが、
犬や猫等の動物は腎臓を悪くするので、
与えないよう注意が必要です。

子どもの頃、行商のおばあさんが背負いカゴに
海産物の乾物を入れて売りに来たものです。
煮干しや鰹節を天秤で量るのを見るとワクワクしたのを思い出します。

また個人的な印象ですが、静岡県は魚介系、煮干しベースの醤油ラーメンのお店が多い気がします。

まだまだ風が冷たい時期、煮干しの出汁を
使った温かいものを食べて英気を養いたいですね。

当院は初診予約の受付を一時停止しています。
現時点で受付再開の時期は未定です。

再開につきましてはホームページ等で
改めてお知らせする予定です。

受診をお急ぎの方、症状が激しく、ご自分や
周りの人を傷付ける等、命に関わる可能性が
ある場合は、救急対応が可能な医療機関へ
お問い合わせ下さい。

精神科救急情報ダイヤル(24時間対応)
054-253-9905


某人気店の煮干しラーメンです🍜

前の記事

診察に関するお知らせ

次の記事

晴れの日も雨の日もNew!!