熱中症に気を付けて

ここ数日の急な気温上昇は危険です!

環境省熱中症予防情報サイト

によれば、今日は 川根本町で「注意」の他はほぼ問題とならない数値です。

総務省消防庁_救急救助_熱中症情報

によれば、やはり北海道などの気温変化の激しいところで搬送事例が増えているようですが、
今日から1週間仕事を始められる方、無理をなさらず暑いと思ったら空調温度を下げましょう。

熱中症の統計1

ある会社の安全衛生委員会の講話で話させていただいた内容の抜粋です。労働者の熱中症で特に危険な時間帯は気温の上がる午後、と思われがちですが、実は働き始めの朝にも多いのです。前日の深酒や睡眠不足は翌日に危険を引き起こすことが多々あります。

熱中症統計2

また、死亡者の統計に関して言えば、「無理ができる(と思われがちの)40~50代」「屋外作業の建築業」が多くを占めます。また、作業開始の初日に熱中症を発症することが非常に多い。暑いイメージのある九州よりも関東のほうが死亡者数が多い。働く皆様はぜひこのことを頭においてください。熱中症は非常に危険です。

熱中症注意喚起

予防と対策 の中で、特に私が強調したいのが「熱への順化」です。暑さに慣れないうちは作業は短時間でとどめ、暑さに慣れてから徐々に作業量を増やしましょう。やらなければいけない作業はあるのでしょうが、ここ最近の気温上昇にご自身の体は慣れていけますでしょうか?建築の業界はこのところ超多忙を極めていると聞きますが、皆様がどうか無理だけはなさらぬよう、ご自身で気を付けてください。水分補給や互いの声掛けも忘れずに。